新耐震基準と旧耐震基準の違いについて、中古マンション購入希望者必見!!の画像

新耐震基準と旧耐震基準の違いについて、中古マンション購入希望者必見!!

不動産記事

 中古マンションを検討している方へ。

新耐震基準と旧耐震基準の違いについて

気になっていませんか?


住宅購入は人生で大きな買い物の一つです。

その安全性や品質について不安を

感じるのはとてもわかります。


この記事では、私の個人的な見解を元に、

新旧耐震基準の違いをわかりやすく解説し、

安心して中古マンションを選ぶための

ポイントを提供します。ぜひご一読ください。

 

情報提供者:宅地建物取引士 柳澤敬太




新耐震基準と旧耐震基準の違いについて


耐震基準の歴史


耐震設計の基準は、過去の震災の経験を

基に進化してきました。


日本の建築基準法は1950年に設けられ、

その後、地震のたびに見直しと強化が行われています。

特に重要な改正は1971年と1981年に実施されました。

 

1971年の改正は、1968年の十勝沖地震の

教訓を踏まえて行われ、鉄筋コンクリート建築物に

対する、より厳格なせん断強度*の基準が

設けられました。


これにより、建物の耐震性が向上し、

現在ではこれを「旧耐震基準」と呼んでいます。

 

*【注釈】せん断強度は、材料がどれだけ外部の力に対して耐えることができるかを示す指標の一つです。物体内部の面に沿ってずれるような力がかかった場合、材料がどれだけその力に抵抗できるかを表します。

 

さらに注目すべきは、1981年の改正です。

1978年の宮城県沖地震を契機に、

これまで以上に厳しい耐震基準が導入され、

「新耐震基準」と呼ばれるようになりました。


この基準によって建てられた建物は、

1995年の阪神・淡路大震災時にもその効果を発揮し、

新耐震基準を満たした建物の多くが

大きな損傷を免れたと報告されています。


これらの改正は、日本の建築技術の進展に

おいて重要な進歩を示し、地震国日本における住いの安全性を大きく向上させたのです。

  

2.耐震性能の比較:旧耐震基準と新耐震基準の違い


 

耐震基準には大きな進化があります。

旧耐震基準では、震度5程度の中規模の

地震に耐えられるように建物が設計されていました。


一方、新耐震基準では、それに加えて、

震度6程度の大規模な地震にも建物が倒壊したり、

大きな損傷を受けないように設計されています。

 

また、新耐震基準では、建物が建つ場所の

地盤の性質や建物の高さによって変わる地震の

影響も細かく考慮されるようになりました。


建物設計においては、

地震による建物のねじれ防止やバランスが重視され、

それに応じた構造的な配慮が求められます。


基礎設計においても、地盤の耐力に適した

基礎が必須とされ、木造住宅を含めて地盤調査が

実質的に義務化されました。


さらに、柱や筋交いの接合部に用いられる金物や耐力壁の配置も厳格に規定されています。


耐震基準 比較表の図


3.耐震性2つのチェックポイント


中古マンション購入に際して、耐震性を把握するためには2つのチェックポイントがあります。


①耐震診断の有無②耐震基準の確認です。


まず、耐震診断は、建物の現在の耐震性を評価するためのもので、特に旧耐震基準の建物には必要不可欠です。


診断を通じて、建物が直面する可能性のあるリスクを事前に把握し、必要な耐震補強を検討することができます。


耐震診断は専門家によって行われ、

建物の構造的な強度や潜在的な弱点を明らかにします。

診断をしているかどうか、重要事項調査報告書や長期修繕計画書に書いてあるので、不動産会社に確認してもらいましょう!


そして、2つ目に耐震基準を確認することが大事です。


建築確認書や竣工図、設計書などの公的な書類を参照することが大切です。


これらの書類は、物件がどの基準により建てられたかが書かれており、不動産取引において非常に重要な情報源となります。


下記表のように確認しましょう!


中古マンション 耐震性 チェックポイント確認表の図


上記内容を確認することで安全性が高い物件選びが可能になり、将来的なリスクを最小限に抑えることができます。


不動産を購入する際には、これらのポイントをしっかりとチェックし、安心できる住まいを選びましょう。

 

4.中古マンション購入希望者へ


 中古マンションを購入する際に重視するポイントは、個人によって様々な要素が考慮されます。


そのため、「旧耐震マンションは性能が低いからダメ!」とか。「新耐震の方がいい。」とは一概には言えません。


というのも、旧耐震基準マンションでも前記3.のように調べた結果、耐震補強工事を行っている場合もあります。


また単純に立地や予算を優先される方もいると思います。また、せっかく良い条件のマンションが出てきた際に、旧耐震基準を理由に候補から除外してしまうのは大きな機会損失にもなってしまいますよね。


そのため、優先順位を明確にしてから検討することをお勧めします!

  


5.まとめ


中古マンション購入時に耐震基準を理解し、安全性を確認することが重要です。


l   耐震基準の歴史と違い:

   旧耐震基準(1971年改正):震度5程度の地震に耐える設計。

  新耐震基準(1981年改正):震度6程度の大地震にも耐える設計。

 

l   耐震性2つのチェックポイント

 ・建築年度と耐震基準の確認・耐震診断の有無※特に旧耐震基準の建物。

・公的書類で基準を確認・耐震補強工事の実施状況の確認

これらを確認することで、安全な物件を選び、将来のリスクを減らせます。

 

l   中古マンション購入希望者へ

 優先順位によって新旧耐震基準の良し悪しは分かれる。※優先順位を明確に!

 


”不動産記事”おすすめ記事

  • ライオンズマンション石神井台って中古マンションはどう?の画像

    ライオンズマンション石神井台って中古マンションはどう?

    不動産記事

  • 練馬区の中古マンションの価格相場は?|購入するなら今がお得!?の画像

    練馬区の中古マンションの価格相場は?|購入するなら今がお得!?

    不動産記事

  • パウゼ石神井って中古マンションはどう?の画像

    パウゼ石神井って中古マンションはどう?

    不動産記事

  • 石神井公園サニーコーポってどう?の画像

    石神井公園サニーコーポってどう?

    不動産記事

  • グレアーブル石神井公園ってどう?の画像

    グレアーブル石神井公園ってどう?

    不動産記事

  • ライオンズマンション石神井公園ってどう?の画像

    ライオンズマンション石神井公園ってどう?

    不動産記事

もっと見る